ワット・プラケオ王宮とワットポー

どの国に行っても、その国の歴史や文化の最高峰には触れておくのがモットーの私としては絶対外せない場所です。現在のバンコク王朝の開祖であるラマ一世が、確か1780年代に作った王宮。とにかく広い!そして綺羅びやか!ワット・プラケオは王宮敷地内にある王朝の菩提寺です。

日本で言うと皇居、天皇陵・豊島岡墓地みたいなものでしょうか。違ってたらごめんなさい。そんなトコロに我々外国人もふらりと入っていけるのです。なんという太っ腹なタイ!

タイなのにアンコールワットの精密な模型があったり、インドの「ラーマーヤナ」のタイ版「ラーマキエン」の壁画があったりと、周辺国の歴史を知っていると更に楽しめる場所です。服装には注意。ワットポーは涅槃寺。敷地内にはタイ式マッサージの総本山もあります。有名ですよね。

バンコク

上の写真は、チャクリー・マハ・プラサート宮殿。

二つ注意があります。

まずは行き方。MRTの終点フアラポーン駅が最寄りなのですが、そこからは気軽に歩ける距離ではありません。なので必然的にタクシーに乗ります。タイ一番の観光地ですからタクシーの運転手さんがえらくスレてます。メーターを使わない人がほとんどなので、メーター使って!!!!と強く言うか、なんぼで行ってくれる?と安くなるまで交渉するか。ワタクシは、(当時)女二人旅だったのを嘗められてか、いきなり500Bをふっかけられ、えらくもめました。結局200Bで落ち着いたんですが、それでも高かったわーと未だに後悔。

もうひとつは、詐欺。
今日はワットポーはおやすみだから、代わりに宝石店を案内してあげるよと声を掛けてくる現地人がいますが、限りなく100%嘘なので完全無視を決め込みましょう。もちろん、詐欺られ体験をネタにしたい方は別です。ね、キューンさん。

チェンマイ観光がオススメ!
ランキングに参加してます。よかったらクリックしてください。
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ

コメントする

ログイン情報を記憶

はじめに

タイのコーリン色鉛筆工場に行ってみよう!という軽い一言が実現!ほぼ初対面の5人が繰り広げる週末タイ旅行ブログ

タイでの愉快な仲間

:東京
abrAsus代表
井口:タイ
コーリン社長
ケロ:東京
コーリン
キューン:大阪
Kuhn社長
中谷:神奈川
Web Director
バンコク観光ガイド