トップページへ

愉快な仲間
2010.12.01

ラー南

ミナミ

決めセリフは、みんなが幸せになったらいいんですよ、だが、
ラー南だけ少し得するように計算されていることを初対面のキューンさんに見抜かれる。
まあ、それだけのリスクを彼は負ってるんですけどね。

僕が今まで知り合った営業の中で、一番バランスのよいビジネスマン、ラー南はabrAsusの代表で、「薄い財布」などを手がける。引き出しの多さが特徴だ。今日も何が売れるか考えているに違いない。

バンコクで最後のタイ料理

モスキート中谷

トップページへ